FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
ショコラティエ_13
大人的要素があります。
お嫌いな方は回れ右でお願いします。










腰に回していた手を胸に充てる。
柔らかいこいつの胸。
俺の手にすんなりと納まる。

「気持ちいい」

優しく揉むと乳首が立ってくるのが手のひら越しにわかる。
片方の胸を揉み、もう片方の胸に吸い付いた。

「やっ・・・ああん」

気持ち良さそうな声色。
俺の理性もすっ飛びそうだ。
舌で転がすように舐める。
甘噛みしたら体がピクッと反応した。

「感じるだろ」
「ん・・・」
「もっと乱れていいぜ・・どうせ俺しか見ない」

胸から腹へと唇を這わせる。
こいつの息が上がってくるのが見てわかる。
感じてる証拠。
強情に振舞って見せても体は正直だよな。
俺の手が触れるだけでも感じてる。
こいつの性感帯って体全部かって思うくらい。
胸の愛撫も腰の愛撫も全部。

「つかさぁ・・・」
「どうした」
「あぁん・・そこダメぇ」
「ダメって」

座位の体位で座ってるから一体感が生まれてるのかもしんねぇな。
尻を優しく撫でまわしてから、中心部へと手を這わした。
割れ目をすっと指で撫でた。
すでに膣口からは愛液が溢れ出てる。
円を描くようにクリトリスを弄った。

「やぁあん///」
「勃ってきた。気持ちいいんだろ?」
「気持・・・ち、いい」
「指と舌とどっちがいい?」
「・・・・・・・ゆ、びっ。はや、く」

指を入れやすいように、少しだけつくしの体をずらした。
中指を挿入する。
すんなりと俺の指を咥えこんだ。
中はすでにもう愛液で潤ってた。
指を動かすたびに卑猥な音が聞こえる。

「すげぇグチョグチョ」
「もう、ヤだぁ///」
「ヤだじゃねーよ。感じてんだろ」
「つかさぁ・・・おねがい、きて・・」
「もう欲しいのかよ。まだ少ししか触ってねーじゃん」
「やぁぁん///ほ、しい」

俺に抱きついてくる。
仕方ねーな。
お望み通りにしてやるよ。
俺もよがった声聞いて反応しちまってるし。

「なら、今回はおまえが動けよ」
「えっ・・・・・む、り」
「ムリじゃねーよ」

呆けんじゃねーよ、バーカ。
俺は自身を手で押さえて、浮かせた腰をゆっくりと下ろさせた。
あんだけグチョグチョに潤ってるなら痛くもねぇだろうし。
むしろ挿りやすいハズだ。
全部挿りきった後、向かい合ったこいつの唇にキスをした。

「気持ちいいだろ」
「わっ、かんな・・・い」
「わかんねーはずねーだろ(苦笑)」

子宮の奥まで挿入してるのがわかる。
挿入したままの状態でちょっとだけクリトリスを愛撫すると刺激を与えたように体が反応した。

「ゆっくり腰を上下に動かせ」
「ムリ、そんなの出来・・ないよ」
「ほら、腰持ってやるから」
「やぁ///」
「動かないとずっとイケねぇーぞ」

そういうとつくしはゆっくりと腰を上下に動かし始めた。
はじめはゆっくりおそるおそる。
数回繰り返した後は俺も手伝って腰を動かし始めた。
いつもとは違う体位だからなのか、余計に感じる。

「やぁああ・・」
「いい、その調子でもっと動け」
「あっ・・ああ、つかさぁ」
「奥まで、あたってる」
「ああ・・あん・・・ああっ。イクっ」
「いいぞ、イッて」
「やぁあ・・・いっしょがいっ」

ラストスパートをかけるように俺は腰を動かした。
一気に愛液が溢れ出す。

「イクっ」
「ああ・・・つかさ」

果てる瞬間につくしから自身を抜いた。
そして外に出し、同時に果てた。
つくしは果てると俺に体を預けるように抱きついた。
たまには俺の上でこいつが動くのも悪くねぇなと思う。
つくしは快感の余韻に浸ってか動かぬまま。
荒い息遣いが聞こえる。
額・頬・唇の順に触れるキスをしてやり言葉をかけた。

「いつもと違ぇーから疲れたんじゃね?」
「ん・・・」
「横になるか?」
「いい、このままで」

つくしのしたいようにさせてやる。
俺はこいつが逃げないようするだけ。
片手を腰に手を回して、もう片方は髪を撫でた。

「知ってっか?朝からヤルと体にいいらしいぜ」
「・・・知らない」
「肌にいいらしいぞ」
「どこから情報よ」
「結構有名だぜ。女は美容に良くて、男はいつもより勃つって」
「・・・・・これ以上言わないで。恥ずかしいから」
「今更だろ(笑)」
「あたしはあんたと違って普通の精神の持ち主なの
「俺も普通だっつーの」
「なら起きて早々に盛ったりしないわよ
「けど気持ちよかっただろ?」

あんだけ腰振って、喘いでたら気持ちいい以外ねぇよな。
すげぇ興奮してたじゃん。
もっとおまえを開拓したいのはホンネ。
けど焦りは禁物だしな。
レシピ通りもいいけど、たまにはパンチを効かせるのも腕を上げるコツだって言うし。
おまえの体は料理といっしょなんだから覚悟しろよ。

「結婚しても恋人関係続けるのっていいもんだな。遠距離バンザイって感じか?」
「朝から頭のネジ飛んでるでしょ、あんた」

抱きついていた体をパッと離してじっと俺を見る。
俺が腰に手を充ててるから、至近距離には変わりない。
物欲しそうな口をしてたから構わず音を立てて唇を合わせた。

「キライじゃねーだろ、こういうの」
「盛るな
「好きなくせに、ホント素直じゃねーな」
「知らないっつーの!!!」
「なぁ・・・」
「何よ。変なこと言ったら殴るよ」
「ちげーよ。おまえの言う日本のバレンタイン過ごそうぜ。メシとか行くんだろ」
「ならあたしが作ったチョコ食べてね」
「食っただろーが
「まだトリュフが残ってるもん。恋人関係したいんでしょ?」
「メシじゃねーのかよ」
「今日はご飯よりもチョコがメインだもん」

急に元気になりやがって。
俺が甘ぇーの苦手だって知ってんだろーが。
まぁショコラティエ宜しくこいつが作ったんだし、腹括るか。
こいつを料理するんも、されるのもどうせ俺だけだし。
今日ぐらいは言うこと聞いてやるよ、ショコラティエ。


キライなもんを食うんだ、先に好きなもん食わせろとばかりに俺はこいつに口づけた。






-fin-







=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
完結?(苦笑)
最後はいつものつくしちゃんで終わらせたかったので
このような終わりになりました。
遠距離で出来なかったイベント事を今してる、そんな感じです。
司って低血圧じゃなかったっけ?と思いつつ、朝から元気な彼(笑)
美味しいもの(=つくし)を食べれて大満足なんでしょう。
miru
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/20(土) 11:23:55 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する