FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
小話
今日は朝からつくしが松岡と出掛けるってんで俺と翼の二人が家で留守番だ。
それにかこつけて、総二郎が禅を連れてきた。
邸ではなく、普段住んでる最上階のペントハウスにだ。

「お前が翼とふたりっきりって…大丈夫なんか⁈」
「何がだよ…」

総二郎が含み笑いをしながら勝手知ったるウチに含み笑いをしながらリビングに向かう。
まぁ確かに、散々つくしには心配がられた。
お邸行ったら⁉︎と。
つーか、てめーの子どもなんだから面倒くらい見れるっちゅーの。
そして。
翼と禅は普段から習い事をはじめよく一緒にいるせいか顔を見るなり一目散に走って行きやがった。

「禅、走るな」
「はぁい」

返事はするものの、総二郎の言葉なんて聞いちゃいね〜。
そこはうちの翼も同じだけよ。
俺と総二郎は、カウチに腰を下ろしひと息つく。
翼と禅は床に。
チビ二人がおもちゃで遊びはじめたのを見て、俺は総二郎と話し始めた。

「悪ぃな司」
「構わねーぜ、家ん中だしよ。禅も外じゃちゃんとしてんだろ⁉︎」
「あぁ、煩方の前や稽古ん時はちゃんとしてんぜ」
「ならいいじゃん」
「まぁな、それをいうなら翼もだろ⁈」
「ああ。ババァは俺とは全然違うって翼のことを猫っ可愛がりだぜ(苦笑)」
「鉄の女も孫には甘いってか⁉︎」
「ありゃ、甘いってもんじゃねーぞ」

俺は幼少期の記憶を思い起こしても、あんなにババァに褒められたことも可愛がってもらったことなんてねーし。
つーか。
1年に1回会えばいい方だったしな。
それに今更優しくなんてされてみろ。
ドン引きだろ。
総二郎は笑いながら翼に話しかける。
翼はおもちゃに視線を向けながら答える。

「なぁ、翼」
「なぁに、総二郎おじちゃん」
「翼はさ、パパとママ、どっちが怖いんだ⁉︎」
「ん〜とね、…ママ」
「牧野⁉︎っと、ママか⁉︎パパじゃねーの⁉︎」
「………うん」
「じゃパパとママ、どっちが好き⁉︎」
「ママ‼︎」
「早ぇな、こっちは」

総二郎は笑いを堪えきれず、俺を見ながら苦笑する。
かくいう俺もだ。
そりゃ普段からあんまウチにいねーし。
翼が起きてる時間に帰ったのなんて片手で数えられるくらいだ。
今日なんかは珍しいくれーだしな。
英才教育やらしてても実際はつくしとの時間のがはるかに多いからな。

「そんなにつくし好きなんか⁉︎」
「うん‼︎好き〜」
「怒られてもか⁉︎」
「うん」
「そっか。でもよ、つくしは俺んだからな」
「おいおい、司…泣くぞ翼」

翼は一瞬固まって、そしてつくし譲りのでけー目に涙溜めやがった。
間髪いれずに総二郎は翼のフォローに回る。

「気にしなくてもいいぞ、翼」
「本当⁉︎」
「ああ。だから泣くな、男だろ⁉︎」
「うん…」
「翼のママ好きはわかったからよ。禅はどうなんだ⁉︎」

翼を泣かせるとつくしがギャーギャー煩ぇから。
話を変えようと禅に振った。
禅は立ち上がって総二郎の側にくる。

「禅はどっちが怖いんだ⁉︎」
「……おかあさん」
「総二郎じゃねーの⁉︎」
「うん…」
「本当か⁈」
「うん。おかあさん、いつもダメっていうんだもん」
「ダメって何がだ⁇」
「ああ、躾。好き嫌いとか色々な。優紀、あれで結構教育ママだからさ」
「へぇ。なら禅はどっちが好きなんだ⁉︎」
「おかあさん‼︎」
「禅もか…お前ら、怒られても好きなのか⁉︎」

俺も総二郎も苦笑する。
こいつらは揃いも揃って母親好きってどうなんだよ。

「マザコンか⁇」
「この年なら普通は母親好きだろ。ましてや俺らいっしょにいねーことのが多いしな」
「つくしは俺んだぞ」
「そこ、翼と張り合うんじゃねーよ司」
「張り合ってなんかねーぞ」
「優紀も牧野もあれでかなりの教育ママだしな。俺らは締めるとこは締めて普段は甘くねーと禅も翼も萎縮しちまうだろ」
「まぁな」
「どうせ、すぐ親そっちのけで遊びまわるんだしいいんじゃんね⁉︎」
「だな」
「それに母親が強ぇ方が平和だ、司」

翼と禅を見て総二郎の言葉に頷く。
まぁ、何かヤベぇことでもすりゃ、俺らよりつくしや松岡が手を上げそうだしな。
仕方ねぇから今はつくしを貸してやる。
けどいくら好きだからっつっても、寝室への出入りは禁止だかんな。
総二郎と話してると不意に翼のおねだり攻撃が始まった。


「パパ、禅とプリン食べる〜」


さっきまで泣いてたのに…この切替の早さは誰に似たんだか。
今日も道明寺家は平和だ。







==========
久しぶりに書いたので、全然まとまってませんが。
ほっこり話になったかな?
よくあるある「パパとママ、どっちが好き⁈」ネタです。
怒られてもママ大好きな翼。もちろん禅も。
つくしも優紀ちゃんも司と総二郎以上に教育熱心な気がします。
miru
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/23(月) 15:58:08 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する