FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
Begin again_3
社会人になって1か月。
山下くんとの交際も順調。
彼は悩んだ末、花沢物産に就職を決めた。
理由を聞くと、道明寺に就職した場合英語が話せないと係長以上の役職を貰えないから。
その点、花沢物産であれば同じ条件でも部署によっては課長職までは貰えるからとのことだった。
山下くんは英語が苦手らしい。
大学でTOEICの講義を取り、点数をあげる集中講義や塾にも通ってやっと500取れたみたいだけど。
日常会話が不自由なく話せたり、企業で英語が出来るレベルとなれば断然低い。
きっとF4なら話せて普通だからテストなんて受けたことないんだろうけど。
だからなのか、一流企業に就職することは彼にとってものすごく価値あるものだったみたい。
山下くんには話していないけど…
あたしは花沢類からは英語とフランス語、美作さんからはドイツ語と中国語を教養の為に教えられていたから。
一応、人並み?にそれらの日常会話は話せる。
あたしって結構頑張ってたなぁなんて思ったりする。

働き出して自分なりのペースが掴めてきたそんな中。
GW連休初日のお休みに彼があたしをデートに誘った。
行き先は彼の実家。

「つくし、俺ん家は至って普通の家だから構えなくていいからな」
「でも…」
「大丈夫だって」

彼との付き合いもやっ1年。
いつかは実家にお呼ばれするんじゃないかと思ってた。
けど、あたしが全くその手の話に疎かったのもあって、予想だにしてなかった。



「はじめまして、牧野つくしです」

挨拶はマナーの基本だって口が酸っぱくなるくらい美作さんや西門さんに教えられていたから。
きっと大丈夫。
自己紹介すると目の前に座っていた彼のお母さんからの質問責めが始まった。

"牧野さんは何処にお勤めなの?"
"出身大学は?"
"ご両親のお仕事は?"
"ご兄妹は?"
"結婚したら仕事は続けるの?"
"子どもは最低2人は産んでほしいわ"
"結婚したら同居するのよね?"
"主人の勤め先のイベントにもいっしょに参加して貰うわよ"
"親族の集まりにもきちんと率先してお手伝いしてもらわないと"
"あなたはこの子が昇進できるようにサポートをしてちょうだい"
"結婚したら家族なんだし家族旅行には行きたいわね"
"嫁になるのなら目立つ服装、行動には気をつけててちょうだい"

言われたことはもっとたくさん。
冷静になり過ぎて、優紀の部屋で見た韓流ドラマみたいって途中から思えて仕方なかった。
そう思えてしまったら最後。
言われてることは右から左。
バッサリと言ってくれた方が逆にいいのに。魔女みたいに。
「気に入らない」って。
それに魔女は、鉄の女はこんな理不尽なことは絶対に言わなかった。
一言「頭の悪い人は嫌いです」とだけ。


「母さん、まだつくしには俺との結婚を承諾してもらってないから」
「あらそうなの?何事も始めが肝心よ。後で知りませんでしたなんて口答えしてほしくないもの」
「そこまでつくしはバカじゃないよ」
「そう?だけど今の若い女の人って男より口が立つじゃない」
「俺が選んだ人だから大丈夫だって」

何を言ってるの?
どんどん山下くんが知らない人に見えてきた。
あとは何を話したのかさえ覚えてなかった。
早くここから逃げ出したいってことしか頭になかった。

1人で帰るって言ったのに。
送るってきかないから山下くんに送って貰い、ひとり暮らしのアパートに帰った。
昔よりはマシになったアパート。
お風呂もトイレもあるし。部屋も2部屋。
オートロックじゃないけど。
就職を機に引っ越した。
彼はちゃんと話そうと言って、部屋についてきた。

「つくし、母はああ言ってるけど…本心じゃないから」
「本心じゃないってどういうこと?」
「俺の嫁さんになる人に嫉妬してるだけだって」
「嫉妬?」

あれが嫉妬なの。
あれだけ言われて⁈
それにいつからあたしはあなたのお嫁さんになることが決まってるの?
プロポーズすらされていなのに…
冷静になり過ぎたあたしは彼の慌ててる様子がよくわかった。

道明寺だったら、彼だったら…
あれだけ言われてるあたしをきっと守ってくれる。
すぐさま反論してくれる。
自分を犠牲にしてでもあたしを1番に考えてくれる、思ってくれる。

道明寺だったら…
道明寺だったら…




心の奥底にしまい込んだ道明寺と目の前にいる山下くんを比べてるあたしがいた。









==========
よくある韓流ドラマのドロドロというか。
母親が息子の嫁or彼女に暴言を吐く感じで読んでいただければ。
なんであんなに韓流ドラマって息子大好きな母親多いんでしょうね。
嫁いびりスゴイっていうか。そして表情がすごく怖いの。
よくある展開とわかっているのに、つい見ちゃいます。
でも私の中での1番の韓流ドラマって「宮」なんですよね。ジフンくんとウネちゃんの。
ご存知な方いらっしゃるかな?

道明寺、比べられちゃってます(笑)
お話、動き出しました。お待たせしちゃいました。
miru
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
宮…
10年前でしょうか…韓流の入口でした…(笑)
2018/05/09(水) 16:21:18 | URL | hao [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する