FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
天使と悪魔-after-
道明寺のビジネス用スマホの音が鳴った。
流暢な英語で話し始めたのを耳にして、会議室から一旦出た。
すると、一斉に私に視線が集まる。

-聞こえてるわけ、ないよね!?さっきの会話・・・-

いや、そんなことは断じてナイ。
怒号ならいざ知らず、道明寺はいたって普通だった。
どちらかといえば、あたしの方が叫んでたような・・・。
自分のデスクに戻り、必要になるであろうノートパソコンと筆記具一式を持ってまた会議室へ戻ろうとした。
その矢先。

「牧野さん、大丈夫!?」
「えっと・・・大丈夫とは?」
「だって、副社長とご一緒でしょう?緊張しっぱなしなんじゃない?」
「だい、じょうぶです・・・」

そりゃ、道明寺HDの副社長と一介の会社員、しかもペーペーの新卒が。
天と地がひっくり返ってもそんな状況ありえないんだよね。
普通なら右手右足が同時に出る感じ・・・。

「それより牧野、おまえすげーんだな」
「何がですか?」
「さっき、西田部長がおまえのことを言ってたぞ」
「なっ何言ってたんですか?西田・・・さ、部長は」

西田さんが口を開くってことは間違ってもマイナスになることはないと思うんだけど。
きっと、仕事がしやすいために予防線張ってくれたのかな。
念のため、確認しておくほうがいいよね?

「牧野は英語、フランス語、ドイツ語は話せるって」
「大学のときに授業取ってたので」
「スゲーな。俺なんて英語でさえ全然なのに・・・」
「それよりいいの?行かなくて」
「あっ。行きます!!お電話中だったのでその間にと思って抜け出しました」
「頑張れよ、牧野」
「何か必要なものとかあれば内線してね」

道明寺と仕事をするってだけでイヤミや妬みを言われるのかと思ったけど、杞憂だった。
むしろ、ありがたいと言われる状況には驚いた。
営業本部の失敗が公にならずに済んだって・・・。
こんな待遇、今まで受けたことなかったから変な感じだ。
深呼吸して道明寺の居る会議室に入る。
そこには電話を終えた道明寺と西田さんがいた。

「遅かったじゃねーか」
「ちょっと同僚と話してただけ」
「ふん!!テメーは目を離すとすキョトキョトと・・・」
「してないっつーの!!」
「副社長、牧野様も・・・おやめください」
「スイマセン」

道明寺の真正面に座ろうとしたら「隣に来い」と言われ、しぶしぶ移動。
そして持ってきたノートパソコンと筆記具を机に置いた。
道明寺は、あたしが普段使ってる3色ボールペンが気になったようでそれをくるくる器用に右手で回している。

「牧野様」
「西田さん、ここでは牧野様は止めてください」
「いえ、今の状況ではふさわしい呼び方です。TPOで使い分けいたしますのでご心配なさらないで下さい」
「・・・わかりました」
「では本題に入らせていただきます。牧野様にはこちらのPWをご用意いたしました。以後、このPWで業務に務めてください」
「あの、それはどうして・・・」
「アクセス制限がないっつーことだろ?西田」
「作用です。ほとんどの情報・社内ネットワークがアクセス許可になります」

いいの?
ものすごい重要なことをサラッと言われたけど・・・。
ってことは、アクセス許可になる分の仕事はしなきゃってことよね?
責任重大じゃん。
程なくして、フランス語の原文資料を貰い、会議室で仕事をする。
キーボードを叩く音だけが会議室に響いた。

「牧野、順調か?」
「うん、なんとかね・・・」
「こんなことなら、最初からおまえにさせれば良かったぜ」
「バカなこと言うんじゃないわよ」
「まっ、この件は俺の範疇を超えた。どうしたってババァの耳には入る。覚悟しとけよ牧野(笑)」
「えっ!?それが一番怖いんだけど」

覚悟しとけってアンタね・・・
ヒトゴトだからって、もっと言い方があるでしょ!?
しかも相手はあの道明寺楓なんだから!!
こうなったら、なるようにしかならないけど・・・また戦いますか。


「アンタのお母さんって、道明寺HDのラスボスなんだからいっしょに戦ってくれるんでしょ?!」
「まだ戦うのかよ?テメーも物好きだな(苦笑)」



=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
after話・・・
つかxつく、あまり絡んでなくてごめんなさい・・・
けど、雰囲気が伝わってるといいな。
つかつく関係ない第3者の小話書きたくなっちゃいました。
miru
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する