FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
the star festival_3
遅めのブランチを食べて2人で出掛けた。
7月にしては例年よりも気温が高いからアイツはノースリのトップスに細身のパンツ。
俺の服を選んだ時に何気なくディスプレイされていたのが気に入って購入したもの。
そこから自分のものを選ぶのを止めて、あいつに似合うものを片っ端から選んでみた。
どうせ1着買ってもブツブツ文句言われるんなら10着買っても同じだ。
人間開き直るとたいていは怖くねぇ。
例外はあるけど。
そして、胸も昔の真っ平らじゃなく、出るとこ出てるし。
これは俺のおかげだからな。
感謝することはあっても文句を言われる筋合いはねぇし。
そう思うと自分の服を選ぶより楽しい。

「用意出来たんか?」
「うん…暑いからこれでいい」
「羽織るもん忘れんなよ」
「えーっ、暑いし要らないでしょ?」
「空調、侮んじゃねーよ」
「大丈夫だよ」
「寒くなったっつって俺が適当に買っても文句言うなよ?いいんか?もったいねーんじゃねーの?」
「うっ…わかった」
「パステルカラーのあったろ。それにしろよ」

俺はジーンズに黒のサマーセーターと超どシンプルな格好。
白のTシャツをインナーに着てるけど、自惚れじゃねーが俺が着たらサマにはなる。
変にゴテゴテした格好はすきじゃねーし。
仕事じゃねーから思いっきりのオフ仕様。
年相応ってやつだな。

「おまたせ、行こう」
「ああ」

俺が運転する車で出掛けて、それからこいつが行きたがっていたオープンカフェに入った。
そこはコーヒー専門店のカフェとあって、コーヒー通には堪らないらしい。

「ね?来て良かったでしょ?」
「ああ、珍しいな」
「ブルマン通のアンタでもOKならこれからもここ、来れるね」
「ああ」

オープンカフェだから、コンセプトはパリか。
雰囲気が気に入った。
さっきから女とヤローからの視線に気が滅入るが…それは今に始まったことじゃねぇし。
すると小さなガキがウロウロしてるのが視界に入る。
キャキャと笑いながら。
親はどこにいんだよ。

「お母さんたちお話に夢中なのかな」
「知らね。つーか、てめぇのガキだろって…TPO考えろ」
「ここじゃ退屈だもんね」
「翼はしてねぇよな、こういうこと」
「してないって。したらあたし叱ってる」
「当たり前だろ。翼が泣こうが喚こうがぜってぇ叱る」
「結構こういうことには厳しいもんね」
「ああ、翼が可哀想だろが…」

それから俺らはカップが空になって席を立つ。
そして俺はエスコートして店を出た。
その時も周りからの視線は半端なかった。
きっとどっかのSNSには俺らのこと上がってんだろ。

「ねぇ翼に何かお土産買って帰る?」
「いらねーだろ」
「そう?」
「つーか、おまえが食いたいだけだろ?」
「あはは、バレた?」
「バレねーわけねぇだろ。じゃ、翼に土産買う前に俺に付き合えよ」
「いいけど…何か買うの?」
「車?…あと服もか…」
「あたしが新商品だっていうお菓子を買うのと同じ感覚?」
「菓子は食ったら終わりだけど、車も服も違うだろ」
「いや…あんたの場合同じじゃないの?」
「違うぞ。車ならおまえ乗せて出掛けられるし、服はTPOに合わせて着れる」
「……わかったわよ。その代わり、あたしも運転出来る車にしない?」
「絶対にありえねぇ」

運転なんてさせるかよ。
これ以上、俺の寿命縮めることさせるな。
そもそも、俺が助手席に乗るとかありえねぇ。

「俺がカタログ見てたら翼がカッコいいって言った車だぞ」
「翼の言ったことを真に受けるなって言ってたのどこのどいつよ」
「息子の希望を叶えてやるっていう親心だろ」
「意味わかんない」

わかんなくていいんだよ。
車なんてもんはどっちかっていうと男のロマンみたいなもんだ。

普通に出かけて、美味いメシ食ってぶらぶらする。
俺にとっちゃこれが至福の時間。
1年に1回でいい。
俺にはこれがthe star festival。








=========
一応…完。
途中で書いた、子どもウロウロなネタ。
実話です。
普通のカフェでランチしていたのですが、ヒマしてる子どもがウロウロ走り回ってて。
お母さんたちはお話に夢中で子どもには知らぬ顔。
お料理やお店の雰囲気はすごく良かったのに、残念で。
私が気にしすぎなのかな?とも思うんですが、店員さんとぶつかったりしたら危ないですもんね。
司だったら絶対怒るなと思ってちょいと小ネタに入れちゃいました。
上から目線ですみません。

そして。
車ネタはてっぱんですね。
高級車…車種は皆さまにお任せします。
お留守番の翼くん話は書いた方がいい?
miru
==========

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/09(月) 07:47:51 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/09(月) 09:53:33 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する