FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
ドクター_2
普段鳴らないスマホからあいつに繋がる番号を呼び出す。
呼び出すっていってもあいつの番号しか登録されてない。
何度か呼出音が鳴って聞きたかった声がスマホ越しから聞こえた。

「牧野?」
「道明寺…?」
「なんだ、どしたんだよ」
「…うん。あのさ…」
「悪りぃ、時間ねぇんだわ。要件はなんだ?」
「…時間作ってくれないかな。1時間でもううん30分でいいの。道明寺に話たいことがあるの」
「今、マジ忙しい。もう少し落ち着いてからじゃダメか?」
「…ほんの30分、10分もあたしには時間割けないの?」
「牧野?」
「あたしってあんたの何?彼女だよね?電話すらも全然無くて、掛かったと思ったら時間ないってひどいよ」
「おまえだって今の俺の状況知ってるだろ」
「知ってるよ。知ってるから言ってんの」
「……わかった。西田に調整させる。それでいいか?」
「ありがとう。じゃ、仕事頑張って」
「ああ」

ほんの数分の会話。
結局はケンカみたいな話し方になっちゃった。
これじゃ付き合ってるなんて言えないよね。
なんでこんなことになっちゃったんだろ。
通話を終えたスマホを握りしめる。
どこの企業も今は食うか食われるか。
小さなミスが命取りになる。
だからあいつは頑張ってる。
それはあたしにも痛いくらいわかる。
だけど、ほんの1分でいい、あたしに使う時間はないの?
そんなに切羽詰まってるの?
すると、握りしめていたスマホが音を立てて震えた。

「はい」
「牧野様でしょうか?」
「はい、西田さんですね」
「ご無沙汰しております。司様が緊急の会議に出席されましたので、代わりにご連絡を差し上げました」
「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません」
「とんでもございません。早速本題ですが、今週末の夜に司様のスケジュールを調整いたしました」
「はい」
「こちらまでいらしていただけますか?」
「NYにですか?」
「左様でございます。あいにく司様が日本に行く時間までは確保出来ません」
「…わかりました。伺います」
「eチケットをご用意させていただきます。後ほど牧野様のメールアドレスにお送りさせていただきます」
「自分で手配します」
「それはいけません。司様に叱られてしまいます」
「わかりました。お言葉に甘えます」
「それではお待ちしております」

道明寺からの連絡じゃない。
結局は西田さん。
なんでよ。
連絡ですら、道明寺からじゃないんだ。
あんたって本当にあたしのこと好きなのかな?










==========
まだまだプロローグ的な感じですよね。
しかも短い。
普段、楽しいお話ばかりかいてるので、こういうお話は正直キツいです。
でも後々は違いますので、もう少し耐えてくださいね。
途中で明るいお話書いちゃうかも?笑
miru
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する