FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
幸せ日和_ブランチ編
リザーブしてる部屋での寝起き。
俺にすりゃ至って普通。
つくしには手抜きな日らしい。

「こんな贅沢…主婦の敵じゃん」
「何が」
「至れり尽くせりのこの至福の時間よ」
「普通だろ」
「あんたにはね」

そういうけどおまえも道明寺だろ。
籍入れて3ヶ月ちょいなら無理もねぇか。
だいぶこちら側に慣れてきたとはいえまだまだ。
でも庶民的な感覚はあって悪いもんじゃねぇ。
どっかで役に立つ。

「なぁこのあとどうすんだ?ヤる?」
「ヤりません‼︎どんだけすれば気が済むのよ」
「はぁ?おまえバカだろ。そんなん気が済むわけねぇだろ」
「なんで?結婚して落ち着いたら回数減るんじゃないの?」
「アホか。まだ俺24だぞ。ヤりたい盛りなんだぞ」
「…もう今日は無理だからね」
「わかってる。夜までに回復すりゃ問題ない」
「鬼だ」
「好きなくせに。ところでブランチどうするよ?持って来させるか?」

急に目を輝かせやがって。
おまえはガキかとツッコミたくなる。
まぁそれがつくしだかんな。
目をキラキラさせて…なんか悪寒がしてきた。

「ねぇブランチさ…メープルのね」
「却下」
「まだ何も言ってないんだけど?」
「却下。無理」
「愛しい愛しい奥さんのお願い聞いてくれないの?」
「おまっそれ知っててやってるだろ。タチ悪ぃぞ」
「えへへ。メープルのねスプリングフェスタのバイキングにね行きたいの」
「ここに持ってきてもらえよ」
「やだ!あそこで悩みながら取るのがいいの!わかってないなぁ」

そんなもんわかるわけねぇだろ。
あの空間にいるだけで目眩がしそうだ。
すると俺のプライベート用スマホにlineの新着が告げられた。
つくしが俺のスマホに手を伸ばす。

「見ていーい?」
「つーかもう見てんだろ」
「はは。旦那のスマホチェック?えーっと西門さんからみたいだよ」
「総二郎なんだって?」
「メープルのバイキングの席用意してくれだってー」
「あいつもかよ!」

起きると言ってつくしはシーツを纏いながらバスルームへ消えた。
そして俺は総二郎に連絡。
松岡が食いたいと言ってると、だけど妊婦だから並ばせたくないらしい。
おまえが並べと返すと俺も道連れだと言いやがった。
チッ
俺と総二郎が予約に並ぶ?ありえねぇ。
盛大にため息を吐いて総支配人に連絡をいれた。




「すっごぉい!美味しそう」

メープルのバイキング。
少々高め設定だけど行くと必ずリピートしたくなるので有名らしい。
仕事じゃねぇからと超ラフな格好で訪れた。
ジーンズにTシャツとロングカーディガン。
総二郎も普段着なそれ。
普通ならこんな装いは異色でも俺らの装いは逆に目を惹きつけ目立ってた。
そこに女連れ。
目立たないわけがない。
こりゃSNSに上がるのも時間の問題だな。
珍しい俺と次期家元のコラボでしかも私服姿だし。
また西田が奔走しそうだと苦笑する。

「なぁ…女ってなんでこんな甘いもん食えんだ?」
「まぁ女だし?」
「食った後に必ず太ったとかいうだろ。なら食うなってんだ」
「司…そりゃ常套句だ。仕方ねぇ」

俺らはコーヒーだけ。
今日はたまたま邸のシェフがここに応援に来てるらしくつくしはテンションが高かった。
邸に帰りゃ食えるだろうに。

「いっぱい取っちゃった」
「ちゃんと残さず食えよ」
「当たり前よ。まだ食べたいのがあるの。司も食べる?」
「いらねぇ…」
「さっきね、田中さん見つけたの。特別にプレート持ってきてくれるって」
「へぇ良かったな」
「うん」

周りはマジ女ばっか。
メープルのこのイベント集客率は毎度100パーセントを超えてる。
今度つくしの意見入れてみるかな。
隣をみると総二郎も世話を焼いてるし。
ここに俺がいるってだけでもマジ表彰もんだぜ。
夜この礼はしてもらうぞ体で、と予定を決めた。
そして、女どもがケーキで語ってる最中、総二郎が問いかける。

「なぁ今朝lineの返事したの司か?」
「いや違うな」
「だよな!おまえがこんな可愛いスタンプでOKなんて返事しねぇよな」

ネコのスタンプで了解!OK!のスタンプが総二郎に送信されていた。
俺は危うくコーヒーカップを落としそうになる。
怒鳴ってやろうかと思ったが、目の前で美味そうにケーキを頬張ってるつくしを見て戦意喪失。
次に行こうと立ち上がったつくしの手を掴んだ。
手を引っ張り、少し屈んだ拍子に俺は頬にキスしてやった。









==========
いちごのスイーツバイキング。
ホテルのバイキングって料金お高め設定だから行く機会はないんだけど美味しそうっていつも思います。
そして使えるものは使えな総二郎さん。
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/05/20(月) 08:02:33 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/05/20(月) 16:08:48 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する