FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
きっと大丈夫_ママとパパの仲良し編3
「ぱぱぁ…」
「どした⁈また翼にいじめられたか?」
「ん、違うよぉ」

俺に両手を伸ばしてくる超絶可愛いウチの杏。
リビングの先、キッチンからしれーっと見てるつくしがチラッと見えたけどそこはスルー。
今の時間は杏だ。
つくしとの時間は夜、思う存分取ってやる。
つーか、そんな目で俺を見んな。
なんか俺が悪い事してるみてーだろ?
抱き上げるとこれまたつくしとは違う甘い香りが鼻をくすぐった。

「どうしたんだ⁈」
「ねぇパパ」
「ああ」
「今日はパパの日でしょ?」
「そうなんか?」

俺は杏を抱きながらカッシーナのソファに腰を下ろす。
杏はもちろん膝の上。
杏の定位置。

「だからね杏、ママとクッキー作ったのよ」
「ママが食いたいだけじゃねぇの?」
「そこ違うから!」

つーか、聞き耳立ててんじゃねぇよ(笑)
そんなに杏に対抗心燃やさなくてもいいのによぉ。
翼たちが小せぇころ、俺そんなおまえに嫉妬してなかったぞ?

「なにが違うんだよ?ホントのことだろ?」
「そんなこと言うの?」
「なんだよ」
「なら食べなくていいよ、ねー杏?」
「えーっ。パパいらないの?」

超絶可愛いじゃんか。
俺、甘いもんキライなの知ってるだろ?

「うっ」
「パパ?」
「杏ー、パパいらないって言ってるから廉くんにあげれば?」
「うん!ママいいの?」
「いいよ。なんなら類にもあげたら?」
「ダメだ!俺のだろ?」
「だって甘いの嫌いなんでしょ?」
「おまえと杏が俺のために作ったんだろ?食うに決まってんだろ」

つくしは起きてきた俺のためにコーヒーを淹れて前に置いた。
その隣には杏が飲むオレンジジュース。
杏のためにコップを持ち杏に持たせる。
つくしは俺の向かい側に座ってる。
隣に座ればいいのに、なにを遠慮してんだよ。

「美味いか?」
「うん。甘いの〜」
「そっか。そりゃ良かった」
「うん。ねぇパパ」
「ん?」
「永(トワ)くんこないねぇ。杏のおウチがキライなのかなぁ」
「さぁな?ママに聞け」
「ちょっと!あたしに振るな」

別に恥ずかしがるこたぁねぇのにな。
俺は口角を上げて笑う。

「ママ、永くんいつ来る?」
「パパに聞いて。ママ知らなーい。杏の大好きなパパは何でも知ってるから答えてくれるよ」
「おまえズルイぞ」
「ズルくないし」
「おまえ欲しくねぇの?」
「………ハーフハーフ?」
「なんだそりゃ」

それ、一時期流行ったよな。
けどよ。
俺は欲しいぞ。
だからずっと付けてねぇだろ?
まぁ俺にはアレなんて随分前から不要だけどな。
おまえの言う「もったいない」を推奨して普段から買ってねぇだろ。

「なぁ、おまえ今月来た?」
「はぁ⁈」
「気づいてねぇの?先月も今月も来てねぇんじゃねぇの?」
「あっ…そういえば。てかなんでそんなことわかんのよ」
「何年おまえと一緒に居んだよ
「……」
「それに気づいてねぇの?イライラに微熱」
「ははは…」
「翼の時も叶(トモ)の時も杏の時も俺かよ、気付くの」

杏は俺とつくしがケンカしてると思ったんだろうか。
デけぇ目を最大限に開いて俺を見る。
違うぞと俺は杏のサラサラの黒髪を撫でた。
2度あることは4度あるってか。
まぁそれがつくしだからな。

「あのさ…違うかもしれないからね!」
「違わねぇ。俺の勘は当たってる!」
「あんたのそのオレ様な自信は一体どこからくるの?」
「はぁ?意味わかんねぇし。ヤってんだからデキるかデキねぇか2つにひとつだろ」
「杏の前で生々しいこと言わないで」
「恥ずかしいことじゃねぇだろ」
「あたしは恥ずかしいの!もう40代半ばなのよ?」
「嬉しくねぇの?なら堕すか?」
「そんなこと出来るわけないでしょ⁈」
「なら…決まりだな」

俺はもうこの上ない笑をつくしに向け、そして杏に向けた。
つくしは真っ赤。
でも嬉しそうだ。

「パパ嬉しそうね」
「ああ、嬉しいぞ!」
「ママも?」
「ああ、ママもな」
「パパの日だから?」
「ああ。パパが欲しいものはママがくれるからな」
「杏じゃダメ?」
「ママじゃなきゃダメだな」
「そっかぁ。ママとパパ仲良し?杏と廉くんよりも?」
「ああ」

最後の言葉はいただけねぇ。
でもまぁ今日は大目に見るか。
また騒がしくなるな。

杏のお願いはこれで効いたから今度はおまえのお願いを聞いてやる。
俺は立ち上がり杏の目を隠しながらつくしの唇に触れた。








==========
次男坊の名前作りました。
叶と書いて「とも」と呼びます。
た行でどうしても名付けたかったので。
キラキラネームじゃなくてすみませーん。
色々突っ込みところ満載ですけど。
とりあえず父の日のイベント小説書けたかな(笑)
ほんわか道明寺家(笑)
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/06/17(月) 08:09:49 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/06/17(月) 18:22:11 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する