FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
隠れた愛の印_観察してみました編
青山くん目線でお届けします。










えっと…
なんだ?このマンション?億ション?ペントハウス?
すっげぇいい気分で盆休み前だからと呑んでたけど。
きっぱりすっぱり酔いが覚めた。
だってさ。
まずエントランスが違うのに加えコンシェルジュがいるんだぜ?
EVもノンストップ?
テレビで見る豪華マンションそのままんま。
部屋に入ると…
これまた豪華っていうかスマートな感じで。
余計なもんはいっさいないめちゃくちゃセンスいい内装。
置いている家具もきっと俺らが買うようなメーカーじゃなくきっとオーダー。
そして目の前には深夜にもかかわらずイチャイチャしてるひと組のカップル?

「俺にもひと口」
「甘いの嫌いなんでしょ?」
「シャワー浴びて暑ぃんだよ」
「空調効いてるでしょ?」

牧野がアイスを掬ったスプーンをそぉっと自分の口へ。
そして今に至る。
すっと牧野が立ち上がる。
それを阻むかのように手を取った副社長。

「どこ行くんだよ?」
「どこってキッチンよ」
「ここにいろ!」
「アンタが飲むやつ作ってくんの!」

手をバサッと振り切って立ち上がった。
その代わりにさっきまで牧野が座ってた場所へ副社長が腰をおろす。
スーツを纏ってる副社長も男の俺から見たらすげーカッコいいんだけど。
ルームウェアを着てる副社長も色気ダダ漏れだ。
すげぇかっこいいの。
普通にスウェットにTシャツ着てるだけなんだけど。
腹だって全然ポヨポヨなんてしてないし。
すると牧野がキッチンからこの部屋には似合わない声を張り上げた。

「ねぇ!」
「……」
「ちょっと!聞いてんの?」
「……」
「ねぇってば!司!」
「なんだよ?オマエ、うるせぇ」
「ひとが話しかけてんのに無視するからでしょ?何飲むの?水割り?」
「ロック」
「こんな時間に?」
「別にいいだろ?水みてぇなもんだろ」
「青山くんたちも飲む?」

副社長の言葉をぶった斬るように俺らに話す牧野。
いいんかよ?
相手は副社長だろ?
なんで牧野がいる部屋に副社長が帰ってくるんだ?
副社長って婚約者だっけ?許嫁だっけがいるんじゃねぇの?
牧野が準備してきたこれまた稀な高級な酒とつまみをトレイに乗せて戻る。

「あーぁ…アイス溶けちゃったじゃん」
「おまえがちんたらしてるからだろ?」
「アンタのせいよ!ちょっとそこどいて!あたしの席」
「いいだろ!ここに座れば!」

牧野は頬を膨らませたけど…
副社長は終始笑ってる。
普段なら鋭い視線を向けて常にトップに立ってるのに。
こんなに笑える人なんだ。
やっぱ副社長も人間だったんだな。
ちなみに牧野は副社長に捕まって、副社長の足の間に座らされてる。

「白石に…青山だよな」
「「あっはい」」

副社長がトレイに乗せられた酒をグラスに注ぎながら問いかけた。
俺は直々に名前を呼ばれピシッと背筋を伸ばした。
流石に同い年ではあってもなぁなぁには出来ない。

「コイツのこと…見張ってろ」
「「えっ⁈」」
「どんだけ鈍感なんか…呆れるぜ、ったく」
「牧野をですか?」
「当たり前だ!他に誰がいんだよ?」
「ちょっと!アンタ頭おかしくなったの?」
「なってねぇよ!おまえを狙ってるヤローが会社にわんさかいんだよ。だから掃除だ掃除」
「あの…俺らは何をすれば」
「とりあえず見張ってろ。週1でバカたちの行動を報告しに来い」
「「はい…」」
「よし!なら飲め」

勧められるがままに酒を口にする。
このグラスだけでも相当高価なやつだよな。
呑んだ酒もきっと…
というかこれってワイロか?
そう思った時には遅し。
副社長がニヤリと含み笑いを俺ら2人に向けた。
隣にいる緒方を見ると…目がハートマークだ。
こうなったらもう無礼講だよな?
俺は…モヤモヤしてるあのひとことをとうとう口にする。

「あの、副社長と牧野って…」
「ああ?妻だ。俺の最愛の…目に入れても痛くねぇくらい愛して止まない…な」
「………」

当てられたんだろうか…
そう言った後、副社長は牧野の頬に口付けしその後深い深い口付けに変わった。
その光景が…
ドラマや映画のワンシーンよりもエロかったのは言うまでもない。









==========
明らかに賄賂ですよ賄賂。
普段飲めないようなお酒ですよ。
つくしは銘柄を知らないから適当に持ってきたはず。
つくしのスプーンでアイスをパクリ。
その光景を見た緒方さんは…もう内心キャーですよ
青山くんと白石くん。
特別業務代…申請するかな(笑)
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
おはようございます✨
とっても楽しいです💗
第三者目線(一般人)のつかつくラブラブな様子とかとても好きです💗
家でも会社でも良いのでまた、この目線のお話書いてくださいp(^-^)q

ありがとうございました🌟
2019/08/17(土) 05:32:04 | URL | じゅんこ [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する