FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
虹_12
「大丈夫か?」

メープルのプレジデントスイートに入り上着を脱いだ。
牧野はまだぼーっとしたまま。

「うん、大丈夫」
「おまえそれ本気で言ってんの?」
「大丈夫だって」
「大丈夫じゃないヤツが大丈夫って言う時ほど大丈夫じゃねぇんだよ」
「そんな怒鳴らないでよ!」
「怒鳴ってねぇよ!」

下を向いたまま牧野は言葉を発しない。
そんなにショックなんかよ?
いい加減、自分の気持ちに気付けバカ。

「ねぇあたし浮気されたのかな?」
「ありゃ誰が見てもそうだろ」
「そうだよね?」
「納得しねぇなら総二郎に聞いてみるか?」
「西門さん?」
「ああ。総二郎なら的確に判断すんじゃねぇ?」
「いい、しなくて」
「どうしてだよ?彼氏が浮気してたんだぞ?何もないって言うならなんで隣に女がいる?おかしいだろ?」
「うん。あのさ…」

ゆっくりと牧野が顔を上げた。
そして重い口を開いた。

「男の人って付き合ってたらやっぱりエッチしたいんだよね?」
「は?」
「だからエッチ」
「そりゃ好きな女は抱きたいだろ」
「彼と付き合ってからそういう雰囲気にはなったんだけど気持ちがついていかなくてシてないの」
「は?」
「彼も無理強いはしないでくれてズルズル?今まで来たの」
「は?」
「道明寺、さっきから「は?」しか言ってない」
「は?」
「やっぱり我慢出来ないもんなんだよね?普通は」
「俺は違うぞ。心から好きな女相手なら我慢出来る」
「そうなの?」
「俺を疑うんじゃねぇよ。それよりおまえはなんでアイツに怒んねぇの?」

そんなデけぇ目で俺を見るんじゃねぇよ。
捨てられた仔犬みたいじゃねぇかよ。

「怒った方がいいんだよね?」
「……」
「あたしさ、どっかでいつかこんなことが起こるんじゃないかなぁって思ってたんだ」
「今日みたいなやつか?」
「うん。だって彼女いるのに抱けないんだよ?彼はいいよっていつも笑ってた。大人の男だからねって」
「……」
「でも隣にいた女性と何もなかったと言われても信じられないよね」
「もういい!」

俺は牧野をそっと抱きしめた。
そして何も言わずに背中をポンポンと叩いた。
ガキにするように。
牧野は安心したかのように心に留めていた感情が爆発してしまった。
牧野は俺の腕の中で思いっきり声を上げて泣きはじめた。
ひとしきり泣いた後、俺は笑い始める。

「おまえすげー顔」
「は?」
「顔洗ってこい」
「そんなにすごい?」
「ブスがもっとブスになってんぞ」
「そんなブスが好きなくせに!」
「は?」
「そうなんじゃないの〜?」

俺は牧野が発した言葉に固まる。
ヤベェ。
普段人より回転が早いのに今は全く機能してねぇ。
呆けがいつもより長げぇ。
牧野はバスルームで顔を洗いに行き、鏡で自分の顔を見て苦笑してやがる。
それを見て俺はまた笑みが溢れる。
そして鏡越しから聞こえる牧野特有のひとりごと。

「あは、本当にブサイク」
「そんなブサイクを好きな男がここにいることを忘れるな」

俺は扉にもたれ掛かりながら鏡から見える牧野をジッと見つめた。








==========
明日はルピシアの品評会?っていうんでしょうか。
色んなお茶が試飲できるとのことで参加しにいきます。
最近緑茶やそば茶にハマってます。
紅茶、コーヒーも好きなんですけどね
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/09/27(金) 12:21:10 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/09/27(金) 16:22:05 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する