FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
虹_22
夜は夜で結局道明寺の腕の中で朝を迎えた。
連続って…どういうこと?
溺れてる自分に苦笑してしまう。
この腕が誰かのものになる?
そんなこと…
今更だけど我慢出来ないよ。

「すっごい綺麗な肌。何したらこうなるの?」

あたしも年齢の割には肌は綺麗だと言われた。
式のプランに組み込まれていたエステでそう言われたんだっけ。
エステを受けて写真の前撮り。
今思い返してみると笑えてなかったな。
普通なら嬉しくて堪らないはずだもん。

「なぁ」

突拍子にキスをしてきた。
目が点になる。

「おはよ」
「はよ。なぁ牧野、いやつくし」

行為の最中は名前で呼ばれてもそこまで恥ずかしさはなかったのに、真顔で言われると気恥ずかしい。
道明寺が放つ言葉で死んでしまいそう。
そりゃテレビで騒がれてる手に入れたい男って分かる気がするよ。

「何///」
「ドレス…どんなの着たい?希望くらいあるだろ」
「肩を出したやつで…」
「却下」
「体のラインがすごい綺麗に出るデザインで…」
「却下」
「フロントはミニだけどバックはすごい長いデザインとか」
「却下」
「却下ばっかじゃん」
「100歩譲ってオフショルダーくれーか、おまえはどっちかってぇとプリンセスラインのが似合うだろ」
「わかんない。でもあんたと…司と釣り合うようなデザインがいい」

そう言うなりに抱きしめられた。
そして頭のてっぺん、額、頬に優しいキスが降り注がれる。

「おまえ、俺を殺す気か?」
「えっ何?」
「朝から俺を喜ばせ過ぎ」
「そうなの?」
「ああ、ドレスは俺が似合うドレスをデザインすっから」
「あ…うん。よろしくお願いします?」
「ああ。あと住むとこは俺が所有してるとこにする。後で見にいこうぜ」
「うん」
「NYの方はどうすっかな。新たに買い直してもいいしそれもおいおいだな」

あたし。
橋本さんとの結婚決めた後ドレスもお式もウチもすんごい時間かかったのよ。
なのに道明寺とならなんでこんな1分かからないで決まっちゃうの?
おかしくない?

「こら。ほかの男のこと考えんな」
「考えてないよ」
「グダグダ考えても答えなんて出ねぇだろ。こういうのはインスピレーション」

道明寺だからだよね。
ほんと、ワールドワイドなんだから。

「ねぇ少し離れてくれる?」
「なんでだよ」
「あの…当たってるの」
「男の朝の生理現象だ。それに好きな女が隣にいて我慢出来ねぇ」

真顔で言うもんだから思いっきり胸を押した。
きっと側から見れば戯れてるだけ。
けどあたしは本気。
あたしはシーツを引っ張って体に巻きつけてベッドから出た。





==========
昨日はお仕事でした。
でも電話もならないし…楽に過ごせるわ〜と思ったのもつかの間。
結局いつもとおりだった(笑)
そして夜は手抜きご飯。
雪見だいふくのチョコ味を買っていたので食べました。
うん、嫌いじゃない!チョコの美味しい季節になりますね
==========
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/10/23(水) 10:44:09 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する