FC2ブログ
SHOW CASE
花より男子の二次小説置き場です。
愛の巣 miru ver.
神尾センセの素敵過ぎるインスタの「キッチンハグ」イラストより。










昔…
まだあたしが可愛い学生だった時にポロッと言ったことが現実になった。
未来なんて誰にもわからない。
そんな状況であいつが言ったの。

「なぁ住むならどんなとこがいい?」
「ん…住めば都って言うくらいだからなぁ」
「なら言い方変えるわ。理想のウチってどんなだよ」
「理想?」
「そ。庭が広いとかキッチンは対面式がいいとかなんかあんだろ?」

そう言われてもなぁ。
多分、アンタの理想とあたしの理想って絶対に違うよね?
言わないとまた「ねぇのかよ?」って言われちゃうから、普通に広いリビングに使い勝手のいいシステムキッチンってだけ言ってみた。
テレビで見たまんまを伝えたの。
まさかそれが現実になるなんてその時は露にも思わずに。


東京都内にある某ペントハウス。
そこの最上階。
手を繋がれて中に招き入れられた。
入った途端に異世界みたいな空間に胸が踊る。
大きな天窓からは陽の光がふんだんにリビングに降り注ぐ。
そしてその先にあるキッチンスペース。
モダンな色で統一されたスタイリッシュなシステムキッチン。
ものすごく使い勝手がいいであろう収納にキッチンの高さもあたしの身長に合わせて作られたもの。
彼が拘った部分のひとつらしい。

「うわぁ、なんなのここ…」

キッチン用品も食材も全てが揃ってる。
まだここに来て数日。
地に足が付いてないかも。
だって昔住んでたオンボロアパートよりこのキッチンスペースのが広いんだもん。
でもあたし以外ここに立つことはないからエプロンを付けてご飯の準備に取り掛かる。

「先輩がお野菜とか補充しておいたからって言ってくれてたな」

ピッカピカのボウルにジャガイモと人参を入れる。
引き出しからピーラーを取り出して。
メニューは全く決めてない。
カレーかな?それとも美味しそうなクロワッサンがあるから添え物のポテサラ作るでもいいかな。
あっキッシュでもいいなぁ。
取り敢えずジャガイモの皮を剥きながら考えよう。
剥き始めたと同時に後ろから抱きしめられた。

「ちょっと!ジャマだっつーの」
「オレ様をジャマ扱いすんじゃねぇ」
「ジャマなもんはジャマなの」
「おまえだけだよな、俺を蔑ろにすんのは」

あたしの胸辺りに腕を回して後ろに立つ。
くっつきすぎだし。
きっと頭の中が春爛漫なこの男に何を言っても無駄なのは一目瞭然。
なら…

「今ってさ、料理が出来る男性ってモテるらしいよ?」
「はぁ?おまえさぁ…オレ様がこれ以上モテたらイヤなんじゃねぇの?」
「まぁ一応?」
「なんだよその曖昧な答え(笑)」

だから離れてってば。
そりゃ天下の道明寺司だし?
一歩外に出れば「氷の貴公子」なんて呼ばれてて一寸の隙もないくらい完璧なのに。
ウチじゃこれでしょ?
鬱陶しくもなるわよ。
ずっとベタベタしてくるし。
鼻の下延びてるし。
図体だけデカくて縦にも横にもならないんだもん。
先輩の躾が悪いんだ絶対。

「なぁ何作るんだ?」
「何も決めてないんだよね、食べたいもんある?ジャガイモと人参で」
「人参いらねぇだろ」
「なら食うな!」
「チェっ」

ワガママ言うな。
んとに…この坊ちゃんは。
つーかこの手退けて欲しいんだけど?

「普通はよぉ…味見してみる?とか言わねぇの?」
「言って欲しいの?」
「そりゃまぁ?」
「ならこの手退けて」
「イヤだ!俺の楽しみ取るんじゃねぇ」

楽しみってねぇ、あたし今料理中なんだってば。
こいつってジャガイモの皮位剥けるかしら?と思ったけど…
ムリよね。
考えるだけ無駄だわ。

「ねぇ、上の扉に仕舞ってるアレ取って」

耐熱容器を出したいんだけど、ピタッとくっつかれちゃってるから動けない。
んとにジャマなんだから。
あたしじゃ背伸びしなきゃ届かないところも司なら軽々に片手で楽々に取り出せる。

「コレでいいんか?」
「そう、コレ!よく分かったね」

自分で言ってだけど…
急に恥ずかしくなった。
だって…
アレ、コレで会話してる自分に!

「何赤くなってんだよ?」
「べっ別に⁈なってない!なってない!」
「照れんな照れんな♪」

すっごい上機嫌な彼は更にくっついて、ついでにとばかりにエプロンの紐を緩めようとする。
ここはあたしの聖域なのよ?
愛の巣なのよ?
ならこんなことをさせないためにまずはコイツ専用の調理器具を揃えてみるとこから始めてるかな?

「ねぇ、あたしといっしょにさ…」

















==========
miru ver.の「愛の巣」はお読みいただきありがとうございました。
STAY HOME習慣を少しでも楽しんでいただければ、幸いです。

他の素敵つかつくblogサイト様の〇〇ver.も探してみてください。
==========
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/05/03(日) 21:08:09 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/05/04(月) 16:45:53 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/05/10(日) 20:10:33 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する